FC2ブログ
momo-b
momo-r-b.png
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
天気予報
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
 
 
 
ball.gif モモちゃんの宇宙統一理論46
「恵方巻き」。

自分は、一度も食べた事が無いです。


理由は

「迷信」だと思ってるからです。


でも

迷信じゃなかったら

何なのかを、書こうと思います。


宇宙は

隅から隅まで

重力相互作用(重力子が、力を伝達)により

繋がっています。


人間の体も

血が全身を巡り

隅々の細胞に、栄養を供給してます。


そして新陳代謝により

肌の細胞は28日で

心臓の細胞は22日で

新しい細胞に再生されます。


たぶん

植物も、動物も、宇宙も同じで

宇宙の隅から隅まで

新陳代謝のような感じで

素粒子、細胞等が

再生、新生されてるのだと思います。


恵方巻きの「恵方」は

木に例えれば

「花」と「実」が、「星」と「地球」だとすると

「根」が、恵方の方角だと思います。


「根」は

ブラックホールだと思います。


そのブラックホールが

ビッグバンにより

放出された素粒子(重力子)と

光子が結合して

新しい宇宙を「膨張」させます。


木は

地面より下の

暗い土の中で、「根」が伸びていきますが

これは

ブラックホールの中で

重力子が繋がっている事を表していて

その「根」から

「幹」を通して、栄養を運び

花や実をつけますが

「実」が「地球」だとすると

地球とか星は

ブラックホールがある方角から

常に

栄養のような物を

供給してもらっているのかもしれません。


その方角が、「恵方」で

その栄養のような物は

まだ発見されていない素粒子です。

たぶん。


それが

「運(うん)」とか

「ツキ」なのかなと思います。


運とかツキが

科学で解明される日も来ると思います。


1998年に発見された、素粒子の「ニュートリノ」ですが

今後、新たな技術で

「恵方」からの素粒子が

観測されるまでには

より小さな素粒子を、捕捉しないといけないので

まだ時間がかかります。


昔の人は

第六感(第六感は重力覚だと思う)の、名残を持っていたので

「恵方」が、分かっていたのではないでしょうか。


恵方から

素粒子が地球まで到達するには

新陳代謝のような感じで

重力子と光子が

「再生」、「新生」されて

地球まで届いて

その新しい素粒子の恩恵を受ける事が

「恵方巻き」の行為に

表れているのかなと思います。


ではまたノシ

(・∇・)つモモちゃんの部屋2TOPページカラオケ
スポンサーサイト




モモちゃんの宇宙統一理論 | 2010/05/02(日) 21:28 | Trackback:(0) | Comments:(2)

恵方巻き、普通にやってました。
恵方が根で、ブラックホールだとすると、前にモモちゃんが言っておられた、ブラックホール=胃にあたる、というのに通じてきますね。私は、ブラックホール=中心なら、人間の中心は、臍かな、と思ったりしていたのですが、ブラックホールは、きっと、地中のバクテリアのような存在で、役目を終えた星の有機物やガスなんかを分解して、栄養にすることで、銀河や宇宙に供給している、と思っていたので、やっぱり、胃のあたりなのかと思います。
科学では、まだ証明されていないことも、人間や、動物などの生命は、第六感、という、体内の重力子の影響で、宇宙の中心の意思のようなものを感じることができるのだと思います。なので、神話や、古い習慣の中に、科学でさへ証明できてない宇宙の仕組みが隠されているのだと思います。
そしてそれは、モモちゃんの言うように、今の時代より昔の方が強かったのだと感じています。
2010/05/08 土 13:18:02 | URL | 花 #-編集

>>花さん

>神話や、古い習慣の中に、科学でさへ証明できてない宇宙の仕組みが隠されているのだと思います。

自分もそう思ってます。


間違いなく、昔の人の方が

宇宙の色々な事を

知っていたと思うし

その証拠が

ピラミッドなどの建造物に

残っています。


もしかしたら

人間なんかよりも

動物や虫とかの方が

宇宙の事を知ってる(感じてる)ような気もします。
2010/05/08 土 21:55:54 | URL | モモちゃん #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック